2008年11月30日

カール=ヤスパース『哲学入門』第六講 人間

ヤスパースは書いている。

「私たちが自分に対していろいろな要求をもつことを認めるかぎり、私たちは私たちの自由を自覚しているのです。私たちが自分に対する要求を満たすか、それとも回避するかどうかは、私たちに関する事柄であります。私たちがあることを決定し、従ってまた自分自身について決定するという事実、また私たちが責任をもっているという事実、このような事実について私たちは真面目くさって論争することはできないのであります」。

「実存主義」という哲学の最も基本的なテーゼのひとつは「人間は自由である」ということである。

いかなる意味で、われわれは自由なのだろうか。やりたいことを自由にできるかといえば、決してそうではない。われわれは状況により、さまざまな制約を課せられているではないか。守ることを要求されている社会規範や道徳など、さまざまなものにわれわれは縛られているのではないだろうか。むしろ、われわれは不自由を感じているのではないだろうか。

前講で「選択」について書いたが、人は選択の自由を持っているだろうか。逆に、限られた選択肢しか与えられていないというのが事実ではないのか。

これらのことは、「人間は自由ではない」ということを示しているように思われる。

だがそうではない。

われわれが何かに縛られていると感じるのは、そのある束縛から逃れようとする限りにおいてである。社会規範が重くのしかかってくるのは、その社会規範から外れようとするわれわれの意志に対してである。限られた選択肢しか与えられていないと感じるのは、それら以外の選択肢を選び取りたいというわれわれの欲求がある限りにおいてなのである。

こういった企図、意志、欲求を持ちうることにおいて、人は自由なのである。

人生における障碍は、それを乗り越えようとする企てにおいてのみ、障碍でありえるのである。そしてそれを乗り越えようと企図することにおいて、あるいはそれを回避することにおいて、人は自由なのである。
posted by nasty_habit at 12:19| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 哲学入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


どんな障碍をも
乗り超えようという
意志と生きる姿勢。

選択肢において、
つまりは

「自由」を

わたしは選ぶ。

さきの記事の意味における意味で。


かなりの故障ヶ所は
今年で13年目な事故からあるにはあるのだが、
そして次から次へと
よくも受難な年月だが


しかしやはり。

超えることは
最高にスリリング。

絶対に
超えてやろうじゃないか。
と、
やはり思っている
核であるわたしが
存在しているようだ。


nasty_habitは
ほんとうにすごいんだ。
わたしから見ても
そんなひとが
今もこれからも
共にいる人間である
なんてのは、
まさにすごすぎる幸運。

しかし
これも様々な障碍を
超えようという
自由への意志により、
互いに可能にした
遭遇であるだろうね。


常に
何か超えるものが
あるほうがよいと

そのくらい以上に

意識を
全身に走らせている
nastyからは、

書くことが
空論でないだけに
強烈なPOWERが来る。

まさに霊薬だ。

いかなる状況下でも
そのなかにおいて


自由意志で自由の道を

歩みたい。


優れてやさしき
肯定の天才と共に。


穏やかに
わたしは
この肉と骨に覆われた人間という身体を
内側からバキバキと意識で打ち破り


さきの意味で
自由を歩みつづけたい。

わたしたちの
課題でもある。
自由へ!
自由よ!

自由!


あらたな月だ。
出発だ!
Posted by サーハル at 2008年12月01日 04:53
わたしの書くものがサーハルにPOWERを与えているとするのなら、それはわたしの書いたものがサーハルのうちにある核の部分と共鳴するところがあるということだろう。

POWERを感じとることは、POWERである。

わたしのPOWERが

サーハルのPOWERとなり、

サーハルのPOWERが

わたしのPOWERとなる。



そこにヤスパースの出る幕はない(笑)。


Posted by nasty_habit at 2008年12月02日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。