2009年06月09日

自由と不安

人生は不断の選択の連続である。

その選択の正しさを保証するものは何もない。

そもそも何を正しいとするのかもわれわれの選択の問題である。

このこと故にわれわれは自由なのである。そしてまたこのこと故に、つまり、われわれの選択の正しさを保証するものは何もないということの為に、われわれは不安になるのである。

いいかえれば、われわれは自由であるがゆえに不安を感じるのである。さらにいいかえれば、この不安を見据え、かつ受けとめることのできるものだけが、自由な人間、つまり、真の人間といえるのである。

わたしのこの断言もまたその正しさを保証するものは何ももってはいない。このことゆえに、わたしはここで不安を感じるのである。
posted by nasty_habit at 23:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。