2008年12月02日

自分の人生を「強いリーダー」に委ねてはならない

混沌とした経済状況の中で、どうやら人々は強いリーダーを求めているようである。

まったくリーダーシップを発揮できぬ現首相の率いる現政権の支持率が低迷している。

もちろんリーダーシップの欠如がその唯一の原因というわけではないだろうが、混沌とした時代、先行きが読めない時代には、強いリーダーが求められるのは、歴史を顧みれば解ることである。そういった時代でなければ、良い意味でも悪い意味でも「革命」は起きてこなかったし、革命にはそれを率いる強いリーダーが必ず必要とされる。あるいは現実に革命を率いるかどうかは別として、その革命の強力な象徴が必要とされるのである。

ロシア革命はレーニンを求めたし、フランス革命はナポレオンを生んだ。辛亥革命の孫文や袁世凱。

そしてその革命後の政治はどうであったか。

まったくの悪政であった。

強いリーダーに頼って行われた革命は、強いリーダーの変節(あるいは本質が現れた、とでもいうべきであろうか)、失脚等によって、次の世代には「安定した国家」を受け継いだ人間が「悪政」を行うようになるのである。これはたぶんに権力維持のためである。

あのヒトラーが生まれたのは、大不況のさなかのドイツだった。

日本においても、昭和恐慌のさなかに時の首相を暗殺するという5・15事件が起き、以降軍部による昭和天皇を強力なリーダーとしてのファシズムへと突き進む。

だからこそ、不況は、強いリーダーを求める時代は、危険なのである。

こういう時代だからこそ誰か(強いリーダーや国家・政府)に頼るのではなく、個を確立し、己こそが己自身の強いリーダーとなり、わが道を邁進せねばならないのだ。自分の人生を他(強いリーダーや国家・政府)に委ねてはならない。

で、いったいどうすればよいかだって?

そこでわたしに頼ってはいけないのだ。

自分の頭で、自分の身体で、自分の魂で、答えを模索し続けねばならない。
posted by nasty_habit at 09:58| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

変革の時代?

少なくとも外見上は、

変革を求めているようだ、アメリカでは。

いろいろと批判すべき点はあるにちがいないが、

現状を打破しようというエネルギーは感じられる。

ひるがえって「わが国」では如何であろうか?

麻生と小沢……。


どこからどうみても、

変革の欠片も、

ない。


いいのか、こんなことで。
posted by nasty_habit at 23:59| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

秋葉原無差別殺傷事件

加藤容疑者 『ネットでも無視され』 秋葉原殺傷

いろいろと供述を始めたようだが。

以前、誰だったかは覚えていないが、「人を殺してみたかった」から人を殺したと供述した人物がいたように記憶する。殺人を認めるわけではないが、理由と行動が直結しているという意味では、この供述は十分納得のいくものである。

が、この加藤容疑者の言っていることを聞いても、それがなぜ人を殺す理由になるのか、さっぱりわからない。

人は合理的な生き物ではないということなのだろうか。もちろん人は必ずしも合理的であるとは限らない。むしろ合理的であるほうが少ないかもしれない。いや、もっといえば、合理的でないからこそ、人間らしいのではないかという気すらする。

かといって、合理的でないから人を殺してもいいということにはならないし、動機を述べるということが、人殺しという行為を正当化する試みだととらえられなくもない。これは合理的である。

なんかまとまりがつかないが、要するに限度の問題なのである。自分勝手に生きるのもいいが、人を殺すまでに至っては、限度をはるかに超えている。
posted by nasty_habit at 23:29| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

オバマ候補、所属教会の牧師を批判



「われわれは広島と長崎に原爆を落として、

ニューヨークと国防総省での犠牲者を

はるかに越える数十万人を殺している。

これはそのしっぺ返しで、

米国人によってもたらされたテロだ」



全くの正論だと私は思うのだが、
このような発言をする人を批判せねば
アメリカの大統領にはなれないということなのだろう。

女性初だとか、
黒人初だとはいっても、
所詮、
女性を代表する声ではないし、
黒人を代表する声ではないし、
もちろん、
少数派を代表する声でもない。
まして
「殺される側」を代表する声では、

断じて、ない!


posted by nasty_habit at 09:38| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

女性への暴力廃絶

posted by nasty_habit at 01:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

200年を経てアボリジニに公式謝罪・豪政府



さて、わが国日本ではどうだろうか。先住民族アイヌに対する謝罪は?

謝罪どころか、謝罪すべきことがあったことすら、知らない人がいるのではないだろうか?
posted by nasty_habit at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

少女暴行容疑で米兵を逮捕

米兵が沖縄にいること自体が問題となっているのに、
またこのような事件である。

もちろんわれわれは、ここで何が実際に起こったかは、
知りようがない。マスコミのニュースを頼りにするほかはない。

だが、もしここで報じられている通り、「ハドナット容疑者は、女子生徒に抱きついてキスをしようとしただけだとして、暴行容疑を否定している」というのであれば、やはりこのハドナットという男、許しがたいものがある。

「抱きついてをキスしよう」とするのは、普通、好きな相手にだけであろう。

道で声をかけた、しかも未成年の少女に、これだけでも立派な犯罪である。それなのに、「だけ」という心理は理解しがたい。
いずれにせよ、米兵など消えうせるがいいんだ。
posted by nasty_habit at 16:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

イスラエル初の性の祭典


なるほどね。

いつもなら、こういった祭典は

もろ手を挙げて大賛成なんだけど

でもねぇ

イスラエルでしょ

中東でしょ

パレスティナでしょ

紛争恥態地帯じゃないか。。。

が、
こういった祭典から

平和へと進んでいくってことも

あるんだと信じることにしようか。
posted by nasty_habit at 00:23| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

南京事件論争史



あまり南京事件には
興味のない方もいらっしゃるでしょうが、
あまり興味もないのに、
「南京大虐殺はなかった」と
思ってらっしゃる方は、
せめてこの本だけでも
お読みになればよろしいかと
思います。

posted by nasty_habit at 15:08| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

ニワトリ用のかごでPETAが抗議


PETAといえば裸で抗議するのがウリじゃなかったのか?
なんで水着(下着か?)着てるんでしょうか。不自然だよ。
posted by nasty_habit at 18:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。