2012年07月18日

after fiveの魔力

ちょっとしたつまみを食べ、二本目の缶ビールを飲みほす

我が起爆剤の、矢沢のDVDはまだ数曲目だ。

三缶目が空なことに気づく。

ふと時計を見ると、まだ19時15分だ。

夜はまだまだこれからだ。

この感覚は久しぶりだ。

このブログも、久しぶりだ。
posted by nasty_habit at 19:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

「私」

それはただ一つきりで生きている。それ以外には何もそこにはいない。生きているものはそれひとつきりである。

それは「他」という概念も持ってはいない。たとえそれが言語を発しようとも、そこには「私」という言葉は生じないだろう。

posted by nasty_habit at 02:43| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

自由と不安

人生は不断の選択の連続である。

その選択の正しさを保証するものは何もない。

そもそも何を正しいとするのかもわれわれの選択の問題である。

このこと故にわれわれは自由なのである。そしてまたこのこと故に、つまり、われわれの選択の正しさを保証するものは何もないということの為に、われわれは不安になるのである。

いいかえれば、われわれは自由であるがゆえに不安を感じるのである。さらにいいかえれば、この不安を見据え、かつ受けとめることのできるものだけが、自由な人間、つまり、真の人間といえるのである。

わたしのこの断言もまたその正しさを保証するものは何ももってはいない。このことゆえに、わたしはここで不安を感じるのである。
posted by nasty_habit at 23:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

楽しもうや

まあ〜、俺がこの世に生まれなかったとしたら、いまここでこうしてることもなかったんだし、せめてここでこうしてるんであれば、この瞬間を楽しもうや♪

posted by nasty_habit at 17:07| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

自分を変えたいと思ったら


新しい習慣を身につけるのだ。


posted by nasty_habit at 23:46| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

スタイル

南方熊楠は膨大な数の書簡を残しているが、手紙を書くときには、座布団をどけ、「畳の上へ巻紙を置き、ペタンと坐って書くのです。机の上ではちっとも書かかないで畳の上に何も敷かないで書くのです。若いうちは机にしたり、テーブルにしたりしていましたが、晩年は足の具合が悪いので畳でした。畳に肘をつきましてね。原稿を書くときも同じでした」ということだったらしい。

畳の上に直に原稿を置き、肘をついて書く。どうにも不自然な格好に思えるのだが、熊楠にとってはそれが書きよい姿勢であったのだろう。独特の姿勢である。

人の独特な姿勢というのは、ときに真似てみたいと思わせるものがある。ミーハー感覚といえようか。

そんなふうに思ってしまうのは、独特のスタイルを持っていることに対する憧れみたいなものではないかと思う。

この憧れを満足させるにはしかし、真似であってはいけないのだろう。

真似をしつつ、試行錯誤を重ね、自分にあったスタイルをつかむ。こんな感じであろうか。

人から真似したいと思われるようなスタイルではないかもしれないが、人からどう思われようとも、独自のスタイルを確立したいものだ。



posted by nasty_habit at 22:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

人は果たして本当に自由意志を持っているのだろうか?

悲しいことが起きると悲しみ、
楽しいことがあると楽しみ、
苦しいことがあると苦しみ、
うれしいことがあると喜ぶ。

このような機械的な反応をし続ける限り、
人に自由意志があるとはとてもいえないのではないか。

人は自分が自由な意思で決断し、行動していると思っているかもしれないが、実は、ただ状況に機械的に反応しているだけなのではないか。

自己を完全にコントロールできて初めて、「自由である」といえるのではなかろうか。そしてわれわれの目指すべきは、その境地なのである。

そのためには、人は自分をコントロールできるよう鍛錬せねばならない。


わたしは同じようなことを何度も書く。何度も繰り返すことによって、言葉は、血となり肉となるのである。
posted by nasty_habit at 23:49| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

情熱量

心を奮い立たせる原動力は、情熱である。

ある物事に集中する度合いは、そこに注ぎ込まれる情熱の量に比例する。

たった一つのことに意識を集中すれば、注ぎ込まれる情熱量は増える。

この情熱量の多寡こそが、自己実現のポイントである。

大切なのは才能よりも情熱である、そう云ったのはロシュフコーとわたしだったか、あるいはパスカルとわたしだったか。




posted by nasty_habit at 23:55| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

現状に満足していては向上はないが、現状に不平不満を言ってはならない。

自己実現に終わりはない。

常に上を目指さなければいけない。

現状に満足してはいけないし、
立ち止まる場所はここではないのだ。

いや、立ち止まってはならない。

自己は超克し続けねばならない。

このことは現状に縛られてはならない、ということを意味する。

不平不満をこぼすものは、
現状に縛られているのである。

より高い自分を目指す道において
不平不満をこぼす暇など
ありはしないのだ。

(この一文は、「現状に満足できない」と言いつつ現状に対する不平不満をたらたらとこぼし一向に自分の理想について語らない人に向かって書かれている。あるいは、現在の自分を取り巻く環境の維持にのみ神経を使い自分をより高めようという意志のない人に向かって書かれている。大きなお世話ではあるが。)
posted by nasty_habit at 23:43| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

無駄な文章

今日はあまりの眠さのため、
書くのはやめだ。

まったく書かなくてもいいようなもんやけど

こうして無駄なことを、書いちまった。

じゃあお休み。
posted by nasty_habit at 23:07| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。