2018年04月15日

喉が渇いた

夜中に目が覚めた。トイレにいった。用を足し手を洗って冷蔵庫からビールを取り出して飲み干した。喉が渇いていたのだ。

喉が渇くということはきっと体が水分を欲しているということだろう。生理的な働きなのかどうかは詳しくないが、生命を維持するために水分が不足している状態なのであろう。水分が足りなくなると何らかのシグナルが脳に伝わり、それが契機となって、「喉が渇いた」と思うことになるのだ。

こう考えると、喉が渇くというのはえらく機械的なことなのだなと思う。喉が渇いて水を飲むというのはまるで機械のようだ。そこに自由な意志などないように思える。体が要求しているので無理矢理にでも水分を補給させられているようなものだ。

しかし、水にするかビールにするかは自由意思であるように思える。違うだろうか?あるいは、アルコールを欲するようなシグナルが、生理的な働きによって脳に送られているのであろうか。

だが夜中に目覚めたわたしはビールが飲みたかったのではない。飲みたいなんて思わなかったが、あえてビールを選んだのである。

これは明らかに自由な行為といえるだろう。

posted by nasty_habit at 19:23| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イライラ

イライラする。
俺の神経は崩壊しそうだ。

もうボロボロであるのは間違いない。
posted by nasty_habit at 11:10| 東京 ☔| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦悩

またまた苦悩が生じた。
苦しみがわたしに付きまとう。

イメージとしてはベートーベンみたいな感じだ。

つまり、ベートーベンほどの才能がなければ俺はどうにもならないということだ。

助けてくれ!
posted by nasty_habit at 10:59| 東京 ☔| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きる喜び

こんな毎日では、些細なことに喜びを見いだすしかない。
幸いなことに、「こんな毎日」であろうとなかろうと、わたしの喜びはほとんど本を読むことにのみ見いだされるのだ。

あと、書くこと。特別な才能などはないかもしれないが、少なくとも書くことは出来るのだ。例えば歌うとなったらそうはいかない。わたしが歌っても、あれは歌ではないと自分でも思う。少なくともそこから喜びは得られはしない。カラオケなんかだと楽しい時間を過ごせるとは思うが、厳密にいえば、歌っていることそのものが楽しいわけではない。大きな声を出してストレスを発散させているだけだ。しかし書くことは違うのである。書くことには書くことだけで得られる喜びがあるのだ。なぜかは知らない。書くこととはキーボードを叩くことではない。キーボードを叩くことが楽しいのではない。なにかもっと別なものだ。

一番楽しいのが書くことだったなら作家になっていたかもしれない。(いまも実はあきらめたわけではない。もちろんこのブログに書いているようなことのみ書いているわけではない。ブログには書けないような恥ずかしいことを書いているのだ。)が、一番好きなのは本を読むことなのだ。何のために読んでいるのかもよく分からないがとにかく知識を得たいとかそんなのではない。ただ楽しいとしかいいようがない。

もっともっと、読みたいと思う。

読むことと書くこと、もうそれだけでいい。
posted by nasty_habit at 08:41| 東京 ☔| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

以外な展開

今日はちょっと以外な展開である。
寝床を奪われた。

横になることができない。

今日はソファで寝るしかないか。

といっても、
家にソファはない。
posted by nasty_habit at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知能力者の悩み

僕の友達に未来を予知できる奴がいる。
僕は彼の予知が当たるのを何度も見てきているから普通に彼のことを信じているのだが、あまり彼のことを知らない人たちはまったく彼の言う事に耳を傾けない。その結果彼のことをよく知る機会を持つことがない。彼のことをよく知らなければ彼の予知能力のことも信じられないに違いない。

彼のその能力は実のところ予知能力ではない。彼は過去のことも知ることが出来るのだ。彼曰く、時間の概念は失われているとのことだ。つまり、彼の見たものがいつのことなのかはわからないらしい。それが過去に起きたことなのか、明日起きることなのか、それとももっと遠い未来に起きることなのかは彼にはわからないのだ。それがわかればもっと多くの人に信じてもらえるのだがな、というのが彼の目下の悩みである。

或時彼が僕に、或男が或女と付き合っていると教えてくれた。僕が或男に確認すると、付き合っていないと答えたが、彼を知る人によれば、彼が彼女に惚れ込んでいるのは事実だった。それからしばらくして、彼と彼女は付き合い始めた。このときの僕の友人のそれは予知能力だったということだ。

こういうこともあった。彼が僕に聞いてきた。「君は交通事故にあったことがあるかい?」
「ないよ」と僕が答えると、彼は深刻な顔になって、
「気を付けたまえ」と言った。
僕は気になったので十分に気を付けながら数日をすごした。彼がまた僕に言った。
「どうやらもう大丈夫なようだ。あの予知を見なくなったから」


posted by nasty_habit at 11:29| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

心と体

「わたし」がわたしであるのは偶然に過ぎないのか?

「わたし」が「NH」という名前であるのは偶然である。他に違う名前を付けようと思えば付けることが出来たのだから。これは本名で考えた場合も同じである。親がそう名付けさえしなければ「わたし」はその名前ではなかったのだから。

だが、この体を持った人間が「わたし」であるのは果たして偶然であるのか?それとも「わたし」はこの体に分かちがたく結びつけられているのか。

「わたし」が誰か別人であることはありえたのだろうか。別人であったならそれは端的に「わたし」ではないのではなかろうか?

よく「わたしがあなただったらそんなことはしない」などと言うことがある。だがわたしは、「わたし」が「あなた」であったなら、あなたと同じようにしていたと思うのである。なぜって、「あなた」だから。「わたし」ではないのだから。

「わたし」が痛みを感じるのはこのわたしの体が痛んでいるときのみなのである。それはこの体が「わたし」の体だからである。

そう考えると、「わたし」がわたしであるのは必然的であるように思える。
posted by nasty_habit at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

脱獄者

愛媛県の松山刑務所から受刑者が逃走したらしい。ネットの記事によると、「松山刑務所大井造船作業場から」逃走したとのことだ。

わたしは松山刑務所のことは何も知らないが、この大井造船作業場というのは刑務所内にある作業場なのだろうか。それとも、ちょっと考えられないが、刑務所の外にある作業場なのだろうか。調べればすぐにわかることだろうが、いまはその暇がない。あとで調べておこう。

いずれにせよ、それがどこにあるにせよ、そう簡単には逃走できるものではないだろう。看守が見張っているだろうし。どうやって脱獄したのかな。わたしが思う「脱獄」のイメージとはまったく違うのだろうか。

今現在、この受刑者はまだ捕まっていないようだ。窃盗を繰り返しながら逃げているようだが、一体これからどうするつもりなのだろうか。逃げおおせるわけもない。

どこかの民家に人質をとって籠城、などということにならないよう願うばかりである。
posted by nasty_habit at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きなことを好きなように書く

このブログは俺のブログだ。好きなことを好きなように書く。
というわけで。

菊池桃子さんがストーカー被害にあっていたとの報道。犯人は元タクシー運転手だったそうだ。

ある日突然、客として昔好きだったアイドルが乗車してきた。どこそこまでと目的地をいう。そこへ行く。どうやら自宅のようだ。想いはつのり、翌日またそこへ行ってしまう運転手。そんなことでストーカー行為は始まったのだろう。

そんなことでストーカー行為が始まるなんて。

普通は、昔好きだったアイドルの自宅を知ったところで、ああ、ここに住んでいるのか、と思う程度で終わると思うのだが。

posted by nasty_habit at 04:51| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

時間は実在しない

「時間は実在しない」とはどういうことだろうか。
きっとそんなことを言う人は、わたしとは違う意味で「時間」という単語を使っているのだろう。しかも「実在」だって。

「実在」という言葉を使うと、ただたんなる「ある」とは違う意味合いがあるように聞こえる。「ここに本がある」というのと「ここに本が実在する」というのとでは意味合いが違う。しかし、




とここまで書いたところでまた邪魔が入った。なんでこうなる。

一度途絶えた思考はなかなか取り戻せない。

posted by nasty_habit at 21:52| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする