2018年06月02日

わが国の哲学界や出版界の傾向

D.デイヴィドソン『行為と出来事』のあとがき、ではなく、訳者解説より。

「デイヴィドソンはクワインとともに現代のアメリカ哲学界の重鎮であるが、それでいて今なお現代英米哲学の旗手の一人であるとさえ言えるであろう。他の旗手には天才クリプキやハーヴァードのパットナムが挙げられると思う。(まだほかにも挙げるべき人々がいるかもしれないが、上の三人を挙げることに異論はないであろう。)それにもかかわらず、彼の業績はわが国においては、一部の専門家を別にすると、知られるところが少ないのではないだろうか。事実、彼の著作で邦訳があるのは、筆者の知るかぎり、'On the very idea of a conceptual scheme'と'What metaphors mean'の二篇にすぎない。(ともに論文である。前者は「経験主義の第三のドグマ」として土屋俊氏による邦訳が『現代思想』1985年7月号、169ー83頁に、後者は「比喩は何を意味するのか」として高頭直樹氏による邦訳がやはり『現代思想』1987年5月号、49ー69頁にある。)クワインの代表的な著作がすでにかなり訳され、クリプキの二つの代表的著書も訳され、パットナムの著書もいくつか訳されていることを考えあわせるとき、一抹の寂しさを感ずるのは筆者一人ではないであろう。わが国の哲学界や出版界の傾向を鑑みるとき、このような現状に至っている理由がわからないでもないが、現代哲学全般が現代英米哲学に大きな影響を受けていることを考えると、これは不幸な事態であると言わざるをえない。」

この「訳者解説」がいつ書かれたかは明確ではないが、「訳者あとがき」は1989年4月と記されているのでその前後であろう。

さて、いま、2018年現在、ほぼすべてと言っていいくらい、デイヴィドソンの著作は訳されている。

翻って、クリプキの著作はどうであろうか。上で言及されている二冊以外、現在に至るまで単行本は翻訳されていない(雑誌等には論文が訳出されているかもしれないがわたしはそこまではフォローしていない)し、そもそも単行本自体、わたしが知るかぎり、'Reference and Existence'と'Philosophical troubles'の二冊しか出版されていない。

これは、わが国の哲学界や出版界の傾向になんらかの変化があったためなのだろうか?
posted by nasty_habit at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

言葉について

言葉は本当にその意味するところを意味することができているのだろうか?

誤解が生じるのは言葉の誤解によるものなのだろうか?

思ったことは、そもそも本当に言葉で正確に言い表せるものなのだろうか?

言葉で言い表せない「思い」とはどういったものなのだろうか?

それは「思い」がまとまっていないということではないのか?

だがしかし、実際にわたしは自分の考えていることをうまく言語化できずにいるのだ。

posted by nasty_habit at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

松本清張を読み返す「黒い血の女」

「黒い血の女」(『突風』中公文庫)。

「実際にあった事件に取材した犯罪実話。」(郷原宏著『松本清張事典 決定版』より)。

実際にあった事件がどんなものであったか、わたしの検索能力ではヒットしなかった。

ノンフィクション・ノベルといった仕上がりになっている作品。
posted by nasty_habit at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

残された日々で、どれだけのことができるか。

表題通りのことを考えている。
もう、新しい本とか、買う必要ないかも。

知識や情報を求めているわけではないのだから。
posted by nasty_habit at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

松本清張を読み返す「穴の中の護符」

「穴の中の護符」(『突風』中公文庫)。短編時代小説。軽く読める作品。

『松本清張事典決定版』(郷原宏著)によれば「岡本綺堂『半七捕物帳』の形式を拝借して根岸の里の珍事件の謎を解く、遊び心にあふれた佳篇」ということである。

posted by nasty_habit at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする