2008年11月18日

冷え込み

今日は寒かった。

耐えられる程度だからいいけど。

すべてが凍りつくような氷河期がきたら人類絶滅だな。

だが時間はまだたっぷりとある。

やるべきことを見失わないことだ。
posted by nasty_habit at 23:09| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

日常言語の複雑さ

昨日の続きである。

ある論理学の本に、次のような一節があった。

いわく、

「このアパートに10年以上住んでいる人はみな家賃半額です」という大家の言葉は、10年以上住んで半額家賃になった人がいなくても、ウソだと決めつけるわけにはいかないだろう。そもそも10年以上住んだ人がまだ1人もいないかもしれないからだ。


この大家の発言が未来にかんする言明であるならば、それはウソでも本当でもない。だがこれが現状についての発言であるならば、どうであろうか?

さらに、このような例はどうだろうか。「18歳未満入場禁止」と張り出されている劇場に、18歳の男が入ろうとしたら入り口で係りの者に止められた。「ぼくは18だよ」というと、係りの人は「18歳はご入場いただけません」と答えた。「18歳未満というのは18歳はオッケーということではないの?」と聞き返すと、「あの張り紙は18歳未満入場禁止だとしか書いていません。18歳以上は入場可とでも書いていますか?18歳以上の方については何も書いてませんね?実は、18歳以上の方も入場禁止となっております」。

われわれはこの係りの人の言い分に納得すべきであろうか?

ある言明は、それが発話される情況によって、その言明が語っている以上の意味が付与される。「情況によって」というより、ある言明を発話するという行為が、その言明の字面以上の意味を生み出すのである。

ここに日常言語の複雑さがある。




posted by nasty_habit at 23:55| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

∀xFx≡〜∃x〜Fxは納得できるか?

∀xFxは、すべてのxはFである、という意味である。

〜∃x〜Fxは、Fでないxは存在はしない、という意味である。

さて、「すべてのxはFである」は「Fでないxは存在しない」と同じ意味になるだろうか?

もちろんすべてのxがFならば、Fでないxは存在しない。納得だ。

そうだろうか?

日常言語に置き換えてみよう。

すべての人は天才である。(論理学の教科書ではよく「すべての人は死ぬ」などという例が使われるが、わざわざこんな例文を用いる必要はないだろうに。)これはもちろん天才でない人はいないという意味だ。

ここで考えたいのは、人が存在しない場合についてである。

人が存在しないのだから、当然のこと、天才でない人も存在はしない。天才でない人はいない、というのが正しいのであれば、それと同値である「すべての人は天才である」も正しくなる。

だがどう考えても、人が一人もいないのに、「すべての人は天才だ」というのが正しいとは思えない。たとえば、宝石を一つも持っていない人が「俺のもっている宝石はすべて本物だ」と言えば、嘘をついたことにはならないというのだ。おかしいだろ、これは。

このことはすなわち、日常使われる「すべての人は天才だ」というような文の論理構造は、∀xFxというような単純なものではない、ということなのである。

posted by nasty_habit at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ばら色の世界

滅入っているときや、何かに悩んでいるとき、世界は灰色に見える。逆に、ことがスムーズに進んでいるときなどは、ばら色に見える。

どちらの経験が本物なのだろうか。

どちらか一方しか経験していないという人はいないはずだ。

ということは、世界は灰色だとみなす理由はないということになる。同等の権利を持って、世界はばら色だといいえるはずである。

ここから、さらに思い切って、ばら色の世界のほうが本当であって、灰色の世界は、まやかしの経験だというべきではないだろうか?

いや、違う。どちらも経験しているのだから、どちらかが本物の世界の姿であると決める決定的な根拠はないのではないか。

ならばむしろ、世界の「本当の姿」を決定するのは、その人の心的態度なのだ、というべきではあるまいか。

つまりはこういうことだ。

世界をばら色にするも灰色にするも、すべてあなた次第なのだ。
posted by nasty_habit at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

本末転倒


「ギネス世界記録の日」って、
こんな日があったんだ。

でも、なんなんでしょうか、この「下着で世界最多集合人数」って。

こんなので世界一になっても……と思うのだが。

一分間にキスした回数とか……。

よくわからん。

何か好きなことをやって、

その結果、世界一になりましたってのなら話はわかるが、

「世界一」といってもこれでは本末転倒ではなかろうか?
posted by nasty_habit at 23:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。